バ トラックス t31。 ゼファー1100RSのタイヤをブリジストンT31に交換したよ。

バトラックス T31

この時点では、まだスポーティな味付けなどは分からない(私の能力不足という話はさておき)。 50 3. いつ何時、コース上に出てくるか分かったものでは無い。 市販車用のOEMタイヤっていうものは、第一に安全が担保されたもので、次に全天候の性能がまんべんなく広く、世界中のどのエリアや天候でも性能を発揮できて、そうそうコストも安い方がいい、って目標で開発され、装着されている。 日沼諭史 1977年北海道生まれ。 S21に引き続いてS22の開発も担当した株式会社ブリヂストン MCタイヤ開発部 設計第2ユニットリーダー 高橋淳一氏 溝を増やさず、コンパウンドの変更のみを施したのであれば、グリップ力はS21より上がるかもしれない。 コーナリングでは、リアに体重を乗せ、リアで曲げていくような感覚で徐々にバイクを倒していくことができる。 これには驚きだ。

Next

バイクタイヤの選び方 その2 グリップ・ライフ一覧表

ツーリング先のワインディングをアグレシッブに走れ、雨が降ってきてもタフに走りきれる。 つまり通常のライダーは、この違いを感じやすい、ってこと。 一般論として高温が苦手なツーリングタイヤで、 サーキットランするとハイグリップタイヤより減りやすい事があります。 コンパウンドをセンターとショルダーとで分け、中央のコンパウンドがサイド部の下へも潜り込む。 なお、ウェット性能はBT-023と同レベルを確保しており、T30で確保されたドライハンドリング性能とトレードオフされたのはライフ性能だ。 直進安定性だけに的を絞るのではなく、ドライ、ウェットのグリップ性能も大きく向上させたのが、新しいA41のようだ。

Next

【楽天市場】タイヤ > BRIDGSTONE > BATTLAX SPORT TOURING T31:パーツセンター楽天市場店

突然の雨、みるみる変わる路面状況でも安心感を持って走行できる。 その大きな枠の中でも、スポーツツーリング好きな人々をターゲットにしています」 編集部「開発で最も苦労したポイントは?」 高橋氏「トレッドパターンのデザインです。 ではでは、また。 ドイツらしい実直な縁の下の力持ちタイプで耐久性あり。 --- スーパースポーツ ---• これに伴ってサイズラインアップが大幅に増加している点にも注目したい。 デザイン面から個性を主張するのが「デコレーショングルーブ」と呼ばれるトレッド面の細く浅い筋。 T30はもう、何度も履いたモデルに乗ったことがある慣れたタイヤで、これ自体なんの文句もないハイグリップタイヤだ。

Next

[B182250] 2本セット バトラックス スポーツ BRIDGESTONE BATTLAX SPORT TOURING T31 2019年製 120/70ZR17 (85W) 2018年製 190/55ZR17 (75W) 日本製 :mc18b120707190557w98:プレミアムタイヤ

ライダーの「こう走りたい」を妨げない懐の深さがそこにあった。 ライダーが出会うあらゆる路面で、走るシーンを選ばない理想的なスポーツツーリングラジアル。 ホンダのCB1300SFとCB400SF、ヤマハのFZ1 FAZER、スズキのバンディット1250F、そしてカワサキのNinja ZX-14Rである。 好天のワインディングをスポーティに楽しめて、突然の雨にも絶大な安心感で対応できる。 PAで荒れを確認しても多少消しゴムが付いているぐらい。 このブリヂストンT31はT30EVOの後継モデル。

Next

ブリヂストン バトラックスT31/A41試乗記 『タイヤを知れば バイクに乗ることが もっと楽しくなる。』

T31とRS10の狭間で微妙な立ち位置になりつつあったS21 ブリヂストンのオンロードタイヤ、中でもネイキッドやスーパースポーツのようなスポーツバイクに適合するBATTLAXシリーズの主なラインアップは現在4つある。 ロングライフだけを期待する人、直進安定性だけを期待する人、サイドグリップだけを期待する人、快適な乗り心地だけを期待する人、いろいろいるだろう。 1000ccくらいまでのバイクが向いている印象。 50 4. 時として言い訳は、巨大なブーメランとなって自分に返ってくる。 50 5. ただし、同時に乗ったS21を履いたMT-09も用意されていて、そちらで走った方がより鋭く、軽く走れたことは付け加えておきます。

Next

【タイヤレビュー】ブリヂストン2輪タイヤBATTLAX「SPORT TOURING T31」「ADVENTURE A41」試乗レポート ツーリングタイヤはまた1段、スポーツに近づいた

それでもしばらく走ればそこはそれバイク乗り、ラインを左右に移動してみたり、カーブであえて車体をオーバーに倒してみたり。 前モデルのS21は、2年前に、でインプレッションした通り、公道だけでなくサーキットユースにも耐えうる高い完成度を誇っていた。 ブリヂストンがS22で目指したのは、ライダーのライフスタイルを含めてバイクでスポーツするとはどういうことなのか、それを定義し直すことだったのではないだろうか。 対してS21はツーリングに必要とされるウェットグリップとロングライフ性能も高めた一方で、サーキット走行も可能なドライグリップを獲得し、RS10に迫るスペックを持つに至った。 こうした製品のアップグレードは、人によっては「前のバージョンの方が好みだった」と感じてしまう不幸な結末が待っていたりするものだが、今回のS22に関して言えば、S21に戻したくなる理由は何1つないと言ってもよい。 ここら辺はBT003からRS10で感じるブリヂストンの進化と似た印象でしょう。

Next

[B182250] 2本セット バトラックス スポーツ BRIDGESTONE BATTLAX SPORT TOURING T31 2019年製 120/70ZR17 (85W) 2018年製 190/55ZR17 (75W) 日本製 :mc18b120707190557w98:プレミアムタイヤ

自走組から国際クラスのライダーまで、一線以上の結果と乗りやすさが同居しているレーシングタイヤは、スーパーコルサを置いて他には無いと思います。 T30 EVO装着のMT-09でも十分な性能を実感できたが…… 一般道のワインディングの速度域では、路面の凹凸の角がT30 EVOよりさらに丸くなったようで、不快な突き上げが減っている。 私は30年間、ただ単にバイクに乗り続けている「だけ」なのだ。 50~3. 一部サイズはチューブタイヤ用ホイールにも対応している。 50 2. 1周5kmのクローズドコースは道幅が狭く、タイトコーナーの続く道のりはツーリング先で出くわすワインディングによく似ている。 しかし加速減速の激しさより、アベレージスピードを意識したスムースライディングが出来る方は、このタイヤの評価は高めになるハズ。 2009年から参戦したオートバイジムカーナでは2年目にA級昇格し、2012年にSB級(ビッグバイククラス)チャンピオンを獲得。

Next

「路面や天候の変化に左右されない万能性」ブリヂストン・バトラックス スポーツツーリング T31 試乗インプレッション

まずはBT-023で走り、バイクを乗り換えてT30で走る。 ショルダー部では溝の割合を増やし、旋回時の排水性を高めている。 そしてウェット性能を大きくアップすることが必要だったので、ルックスと機能の両立に最も苦労しました」 編集部「既存製品から向上した部分と、このタイヤ最大の特長はどこにありますか?」 高橋氏「フロントタイヤのシリカ分散を均一にして、とくにウェット時のコーナリンググリップを高めたことですね。 20181118交換 3分山ぐらいになるとハンドリングに癖が出てくるところはT30evoと似ています。 そしてRSの方がロッソ3よりややハイグリップタイヤ成分が多い性格の持ち主に感じます。 注目すべきはタイヤなのだから。

Next