相性 九星気学。 【八白土星】「九星気学」で分かる性格と相性|ニフティニュース

2020年版|八白土星(九星気学)の運勢と性格まとめ!相性・吉方位・金運など

それぞれの星の持つ性質は、一つの要素なのであって、人間の一生のサイクルの中で運命というのは幾度も変化しますし、自分の日々の努力によって流れを変えることだって可能です。 恋愛面では、良い出会いがありますが、言葉の選択をミスしてしまうとチャンスを逃してしまうので、慎重に発言することが求められます。 その分、流されやすく優柔不断なところもあります。 今回はシンプルに九星のみで分類してご紹介しましたが、本来九星気学はもっと細かい分類ができる占いです。 プライドが高く、人と群れるのが苦手な一匹狼タイプです。 醤油ラーメン、味噌ラーメン、塩ラーメン、豚骨ラーメン、鶏白湯ラーメンなど多岐に渡ります。 八白土星 七赤金星は金を司る九星のため、水を司る一白水星、そして土を司る二黒土星、五黄土星、八白土星とは相生の関係です。

Next

九星気学であなたの運勢や性格・相性を無料占い

四緑木星 五行は「木」で、社交的でおしゃべり上手な人が多いでしょう。 ですから、三碧木星同士が一緒になるとワイワイ盛り上がります。 つまり、あなたにとって最高の相手になるのですね。 そのため二黒土星の慎重な性格をしっかりと理解してくれるタイプが相性が良いです。 ですが、本質的な価値観や性格が違うので、関わる時間が長くなるほど相性の悪さに気付くことになるでしょう。 そんな感覚がカラダそのものを形成している感覚でもありますので、まずはここを重視することが相性をよくするために大切です。 骨格や肉付きなどの体型で相性をチェックする 自分が今まで経験した中で、どのような体型の異性との相性がよかったのかをまず思い出してみましょう。

Next

「九星気学」とは? 九星気学でわかる性格や相性|「マイナビウーマン」

三碧木星の真っすぐで積極的な姿に、一白水星は惹かれるようです。 九星気学を「幸せな毎日」を送るためのヒントにしよう 九星気学で重要なポイントは、本命星が表す性格・相性・運勢などを短絡的に判断しないことです。 女性も独立志向が強く、苦難を乗り越えながら成長します。 けんかになることも多いでしょう。 恋愛や結婚については、どちらも自信家でプライドが高く、相手が気になっても自分からアプローチしようとしません。 あなたを大切にしてくれるのは九紫火星で違いがお互いを魅力的なだと感じさせます。 1983年 昭和58年 九星気学|八白土星の2020年の運勢と吉方位・凶方位 八白土星の2019年の運勢は? おさらい 2017年と2018年に続いて幸運期となり、積み上げてきた努力が報われる年です。

Next

【九紫火星】「九星気学」で分かる性格と相性|ニフティニュース

八白土星の2020年2月の運勢は? 2月の吉方位:東・東南・北西 2月の凶方位:北東・南西・西 自分の身分や能力を超えたことを望んでしまいがちな月になります。 好調な時期と不調な時期を知り、運を味方に付けることができるのです。 心の中も常に落ち着かず、変化しがちなので、物事をなかなか決められずに優柔不断の刻印を押されてしまいそうです。 三碧木星と退気の関係は、 九紫火星で 吉になります。 セックスの相性は三碧木星、四緑木星で今までにない快楽を感じることも。

Next

《九星気学》二黒土星と七赤金星の相性占い!恋愛・夫婦・友達・家族間・仕事

常に受け身で、いつも相手から話しかけてくるのを待ってしまうタイプ。 水晶:集中力を高め、決断力を強化• ただし、三碧木星の衝動的で軽はずみな行動が原因で、ちょっとしたミスが大きな問題へと発展してしまうことも。 六白金星• しかし、誰かに頼るだけでは、万一頼っている人がいなくなってしまったら、誰に聞けばいいか分かりませんよね。 (9)九紫火星 草薙:九紫火星の人は火の性質を持ちます。 三碧木星にとっては、七赤金星は強くて怖い存在で何かと避けてしまうでしょう。

Next

三碧木星の相性一覧!他の九星と気になる関係を徹底解説

ダイヤ:魂と体に栄養を送る• なので、この関係性を覚えておくといいかもしれません。 この九星気学の特徴は、生まれ年から9つの星に分類し、性格、運勢、相性、方位などを占うことができます。 相手が朝方人間なのかそれとも夜型人間なのかということを知るのも相性を考える上で大切です。 相談をして色々な考え方に触れ、そのなかで自分なりに最善策を見つけてください。 九星気学・四緑木星の相性についての記事はになります。 九星気学で分かること 九星気学では、自分の生まれた年から本命星を導き出すことで、性格・運勢・相性・方位の吉凶などが分かります。 ただ、恋人にするには軽薄な感じがして、一白水星が敬遠することもあるでしょう。

Next